家のガーデニング作りを業者依頼する前に考えておく大事なポイントとは?

現在、福岡で家の庭のガーデニング作りや庭のリフォームを検討している人の中には、「業者選びに悩んでいる」と言う人もいるのではないでしょうか?ここでは、ガーデニング作りを行う際に為になる福岡のガーデニング情報をお届けします。

ガーデニング作りを依頼する際に考慮したい事

ガーデニング作りを依頼する際に考慮したい事

ガーデニング作りを行う目的をはっきりとさせる

ガーデニング作りを行う際には、まず庭を作る目的をはっきりさせる事がポイントです。例えば、「子供が安全に遊べる庭」「家庭菜園を楽しめる庭」「眺めが良い庭」と言うように、目的を明確にしておきましょう。明確な目的があれば、自分が思い描く理想の庭に近づける事ができます。なので、家族と相談しながらどんなガーデニングに仕上げたいか、どんな雰囲気が良いか等、話し合っておく事がお勧めです。

将来を見越したデザインにする

庭の構成ですが、将来の家族構成によっても庭に求めるものが変わってきますよね。例えば、子供達が楽しく遊べるようにガーデニング作りを行ったとして、子供が成長して5年、10年後となった時には庭で遊ばなくなると言う事は起こり得る話です。なので、ガーデニング作りを行う前には、一度、家族と将来の事を見越した話し合いを行って、デザインを考えていく事がポイントです。例えば、子供の遊び場として活用していた砂場を、将来は家庭菜園を行う場として利用できると言ったようなデザインにする等、歳月が経ってもスペースを有効活用できるように配慮しておくと良いでしょう。

メンテナンスしやすい庭にする

ガーデニング作りを行う上で、庭作りの目的を明確にしたり、将来を見越したデザインにしたりする事はもちろんですが、庭をメンテナンスしていきやすくしておくと、後々のお手入れに苦労する事が無いのでポイントです。例えば、ガーデニングが完成した後になって、その後のメンテナンスを行うのが大変で、結局、そのまま手入れをせずに放置してしまっていると言う人も少なくありません。継続的に快適な生活を送っていく為にも、メンテナンスがしやすい点は、ガーデニング作りで欠かせないポイントです。

福岡で庭作りを依頼できる業者の種類

福岡で庭作りを依頼できる業者の種類

1.植物を取り扱っている「造園業者」

造園業者は、木をはじめとする植物を専門的に取り扱っているプロです。なので、植物を取り入れたガーデニング作りを検討している場合には、造園業者に依頼する事も可能です。しかし、造園業者では、植物以外のエクステリアに関しては取り扱いを行っていない場合があります。造園業者に依頼する際には、自分が希望するリフォーム造園業者で、植物以外にどんな物を扱っているかについての事前確認も必要です。

2.受付窓口が一本化している「ハウスメーカー」

ハウスメーカーは、依頼受け付けの窓口が一本化しています。なので、例えばガーデニング作りに関して何か質問したい事等があった際にも、ハウスメーカーに直接相談する事ができるので、解決する為の問い合わせ先等についても迷う事がありません。他にも、それぞれの家に沿ってガーデニング作りのデザイン提案を行ってくれる大手ハウスメーカー等では、しっかり保証もあり安心です。しかし、実際にガーデニング作りの施工を行うのは下請けの業者になると言う事を覚えておきましょう。

3.安いコストで抑える「ホームセンター」

ホームセンターは、何と言っても価格が安い点が挙げられます。ホームセンターでガーデニング作りに必要なアイテムを大量に仕入れているので、消費者に対して安い価格で提供する事ができます。しかし、商品アイテムの幅に関してはそれ程多く無いので、その事を踏まえた上で検討する必要があります。

4.庭作りの総合プロデュースが可能な「エクステリア業者」

エクステリア業者は、ガーデニング作りはもちろん庭のリフォーム等、庭に関するプロデュースを一括して引き受けてくれ、トータル的に各家庭に合った庭の提案も行ってくれます。なので、自分のイメージしているガーデニングの雰囲気や要望等、理想のガーデニング作りを叶える事ができます。プロのアドバイスを直接聞きながらガーデニング作りを進めていく事ができるので、デザイン構成もしっかり整えていく事が可能です。さらに、ハウスメーカーやホームセンターとは異なり中間手数料も発生する事が無いので、コスパに優れてお得になっています。

福岡での最近のガーデニング作りのトレンドと傾向

福岡での最近のガーデニング作りのトレンドと傾向

福岡では最近、ガーデニング作りをはじめ門や車庫等、エクステリアデザインに凝った住宅が増加してきています。家の外観を美しく整える事で、帰りたい家やリラックスできる家等、寛ぎの空間を作る事ができます。では、一体エクステリアデザインとは、具体的にどういったものなのか見ていきましょう。

エクステリアとは?

エクステリアと言うのは外観と言う意味合いで、住宅用語ではインテリアに対応する言葉になります。要するに、住宅の外壁、扉、庭、車庫等、人の目に見える表部分の装飾や見せ方の事を示しています。

エクステリアデザインとは?

昔の日本の家と言うのは、塀で庭や家屋を囲う事は家作りのステータスの一つとなっていました。しかしこの頃は、あえて住宅の外側から庭が見えるようなデザインにしたり、背の低い植物を飾ったり、外界との区別をはっきり出さないような、解放的なデザインも人気が高くなっています。

エクステリアの魅力や必要性とは?

エクステリアの良さは、オシャレなデザイン性はもちろん、防犯対策にも有効的な効果があります。例えば、昔の家のように塀で囲った住宅と言うのは、外部から内部を見る事ができない良さがありますが、逆を言えば、空き巣や泥棒が簡単に隠れる事ができてしまうと言った欠点もあります。しかし、現代の解放的なエクステリアになった事で、逆に防犯効果がアップする場合もあります。また、最近のガーデニング作りでは、ウッドデッキやガーデンルームと言ったリラックスできるスペースを作る事が多くなっており、エクステリアでの癒し空間は高い人気となっています。

福岡で庭作りを依頼する業者選びのポイント

福岡で庭作りを依頼する業者選びのポイント

マージン料があまり掛からない業者を選ぶ

大手ハウスメーカーやホームセンター等でガーデニング作りの見積もりを依頼すると、下請け業者に施工を依頼する形になるので、どうしても外構専門店や施工業者にマージン料が大体2割程割り増しされた見積りが提出されます。他にも、外構専門店にガーデニングの見積もり依頼した場合であっても、別で施工業者を下請け会社として利用する形になるので2割増しの料金になってきます。このように、マージンと言うのは業者の種類に関係する事無く、下請け業者が変われば必ず発生する料金なのです。従って、専門施工業者に直接依頼すれば、マージン料が発生する事はありません。
それぞれの業者によって、発生するマージン料金は異なりますが、ガーデニング工事とは関係の無い費用に関しても余分に支払う事になります。大手会社に依頼する程マージン料金は多く上乗せされるので、自分が行う工事規模に合った業者選び、マージン料が無料、或いは、あまり掛からない業者を選ぶ事が賢いポイントです。

現地を視察した上で見積を提出してくれる業者を選ぶ

見積もり依頼は、実際にガーデニング工事に掛かる費用の目安を知る事のできる大事な情報です。なので、見積もりで提示される金額と言うのは、できるだけ正確金額で査定されたものである必要があります。例えば、周辺道路が狭く工事車両の通行が難しい場所にある住宅の場合、追加料金が発生する可能性もあったり、周辺の街並みから施工ができない工法やデザイン等があったりする場合もあります。こうした住宅事情が反映されないまま、見積に提示された金額だけを見て業者を決定してしまうと、後日、追加請求が来て予定費用よりも高額になるケースもあり得ます。
なので、直接、現地視察で家に来てくれる業者を選択する事で、実際の周辺環境も確認する事ができるので、現状にあった見積もり金額を提示してもらう事が可能になります。その結果、より正確な費用相場を把握する事ができます。現地視察後の見積書と、そうでない見積書を比較して業者を選ばないように気を付けましょう。

完成後のアフターサービスが充実している業者を選ぶ

良い業者を選ぶ際には、アフターサービスが充実している事や、保証の有無についてもチェックするのがポイントです。アフターサービスや保証がしっかり整っている業者であれば、工事後にトラブルが発生した場合も安心ですよね。アフターサービスや保証が無い業者では、後でトラブルが発生したとしても、対応してもらう事ができないと言う可能性もあります。なので、無料点検や無料修繕してもらえる期間があるか等、業者のアフターサービスの確認もしっかりしておきましょう。